頻尿の原因いろいろ

なぜ頻尿は起こるのでしょうか?実は頻尿の原因は1つではありません。原因不明の頻尿もありますが、多くは男性なら前立腺、女性なら膀胱、と泌尿器系の臓器が何らかの病気にかかることで、身体に頻尿の症状が引き起こされます。

頻尿の原因:病気によって症状は様々!

排尿の際、残尿感や不快感、痛みなど頻繁に起こる尿意以外の自覚症状はありますか?

その場合泌尿器系臓器が原因の頻尿、と診断されることが予想されます。

検査では尿をチェックしますが、恐らく細菌や赤血球、白血球の異常が認められるでしょう。

また、普段より異常に尿の量が多く、また頻度も苦痛に感じるほど増えている場合は多尿と呼び分けられますが、多尿の原因は多くが糖尿病、慢性腎不全、あるいは尿崩症の恐れがあります。

中年以上の男性ならまず疑われるのが前立腺肥大症で、症状の特徴として夜間に集中して尿意を催します。

また排尿までに時間がかかり、出ても僅かな量ならますます疑いは強まるでしょう。

ではトイレに行く回数が増え、行ってもごく僅かの量しか出ないことに悩んでいるけれど、残尿感や痛み、不快感など他の自覚症状はない、というケースが実は最も多い代表的な症状なのですが、この場合もやはり膀胱のトラブルが考えられます。

例えば卵巣腫瘍や子宮筋腫といった膀胱の周りの臓器に異常が発生し、膀胱が圧迫された結果の頻尿、または膀胱自体の内部に腫瘍ができ、膀胱のスペースが減ってしまっている場合などです。

また、膀胱トラブルと同じぐらいの頻度で起こりうるのが神経性頻尿、精神的な原因による頻尿です。

HOME | 頻尿は女性に多い? | 頻尿は病気なの? | 頻尿の原因いろいろ | 原因:膀胱炎 | 原因:神経性 |
原因:過活動性膀胱
| 原因:糖尿病/その他 | 病院に行こう!

 

Copyright 頻尿のすべてがわかる All rights reserved.