頻尿の原因:過活動性膀胱

頻尿の原因として男性に特徴的なのが前立腺肥大症ですが、女性より男性に多いのが過活動性膀胱です。特に中高年以上の高齢の男性に引き起こるタイプの頻尿なのですが、症状としては尿意が突然起こります。

頻尿の原因:過活動性膀胱のケース

突然、しかも強烈な尿意を感じる病気で、患者数は高齢になれななる程増加の傾向が見られます。

過活動性膀胱の約40%、半数近くが80代の男性で、40歳以上では12%、おそよ800万人はこの病気に何らかの自覚症状を感じている、と言われます。

原因は神経性頻尿とも似ていますが、過活動性膀胱も脳、自律神経の障害、知覚伝達の異常が指摘され、決まった時間に定期的に意識して排尿する行動療法、また抗コリン剤の処方といった薬物療法の相互アプローチが有効です。

通常心身ともに健康体であれば、400ccから500cc前後の尿が膀胱に溜まった状態で尿意を催し、尿意を感じた膀胱が筋肉収縮して排尿する、という流れになっています。

けれど過活動性膀胱で感じる尿意は、膀胱に蓄積された尿の量とは関係ありません。突如膀胱の筋肉が勝手に収縮を始め、しかもその尿意は我慢できないほど強烈です。

そのためこのタイプの頻尿患者さんは、一日中尿意を恐れて過ごすことになり、結果余計精神的な圧迫を感じ、頻尿以外の心の病を引き起こす恐れすらあります。

トイレから出るのが怖い、夜間に何度も尿意で目覚め、不眠症になる・・・、など精神的なストレスが肥大していきます。

頻尿イメージ

排尿をご自身でコントロールできない状態と言うのは、本当につらいものです!

また、病気のせいで失禁してしまった場合なども、必要以上にご自身を責めてしまうこともあります。

頻尿は身体だけの病気ではありません。

原因は心身共に考えられますし、心の問題が身体に、身体の問題が心に影響を与えてしまう病気でもあるのです。

HOME | 頻尿は女性に多い? | 頻尿は病気なの? | 頻尿の原因いろいろ | 原因:膀胱炎 | 原因:神経性 |
原因:過活動性膀胱
| 原因:糖尿病/その他 | 病院に行こう!

 

Copyright 頻尿のすべてがわかる All rights reserved.