頻尿の原因:膀胱炎

膀胱炎も女性の頻尿の原因として多い病気です。膀胱炎自体男性より女性の方がなる確率が高いですよね。なぜなら男性の尿道より女性の尿道は距離が短く、その差は5分の1にもなります。

頻尿の原因:膀胱炎のケース

頻尿はただトイレに頻繁に行けば良い、という簡単な問題ではありません。

特にまだ出産を終えていない女性は、原因である病気を放置して不妊症を引き起こす可能性もあります。

予防と対策、万が一頻尿の恐れがある場合には早急に検査と治療が必要になります。

例えば膀胱炎も女性の頻尿の原因として多い病気です。

なぜなら男性の尿道より女性の尿道は距離が短く、その差は5分の1にもなります。

距離が短いほど細菌は侵入しやすくなりますから、抵抗力も女性の方が一般的に弱いものです。

万が一細菌が侵入してしまった場合、通常膀胱には入り口で細菌を防ぐ機能があります。

ただ精神的肉体的に過度の疲労を感じている場合や何らかの病気に罹っている場合、身体の抵抗力が落ちてしまい、侵入してしまった細菌によって膀胱炎を引き起こしてしまいます。

また、大量の細菌が一度に侵入した場合も膀胱は感染を防ぎきれません。

膀胱炎には「間質性膀胱炎」というもう1つの種類があります。

通常の膀胱炎の原因は細菌ですが、間質性膀胱炎の原因は細菌ではなく、間質という膀胱の粘膜部分が炎症します。

間質性膀胱炎の症状も、頻尿、または尿意切迫感を伴います。

頻尿イメージ

我慢できないほど強烈な尿意を突如催す、という点では男性に患者数の多い過活動膀胱と症状が似ていますが、違いは尿の蓄積時の膀胱の痛みです。

尿意よりむしろ、痛みの方が我慢できないでしょう。

本来20代後半から30代を過ぎた女性は、何の症状がなくても婦人科検診に行くべきです。

特に頻尿や膀胱の痛みなど、明らかな異変がある場合は躊躇している場合ではありません。頻尿も膀胱炎も、初期の段階なら投薬治療などで簡単に治すことができます。

HOME | 頻尿は女性に多い? | 頻尿は病気なの? | 頻尿の原因いろいろ | 原因:膀胱炎 | 原因:神経性 |
原因:過活動性膀胱
| 原因:糖尿病/その他 | 病院に行こう!

 

Copyright 頻尿のすべてがわかる All rights reserved.